真空管・オーディオの専門知識を持つエキスパートが厳選した
高信頼真空管(全品検査済)、高音質部品の専門店
 

【受注生産】SATLS 直列接続型ステレオアッテネーター 

価格: ¥23,460 (税込)
[ポイント還元 234ポイント~]

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter
数量:
インピーダンス在庫購入
10kΩ在庫あり
30kΩ(受注生産)在庫あり
50kΩ在庫あり
100kΩ在庫あり

世間一般にオーディオ製品の音量をコントロールする部品は「ボリューム」と呼ばれるものです。別名「可変抵抗器」と言われています。
基本構造はベークライト(現在はプラスティック)の薄板に炭素粉が塗ってあり、この上を摺動子(ワイパー)が回転に応じて動きの抵抗変化で音量を決めるという、基本構造はその昔から至るまで変わっていません。
以前は使用頻度によって、炭素皮膜の欠けや減少により「ガリオーム」と呼ばれるノイズが発生しました。 近年は、ガリオームを無くすため、炭素粉にプラスティックを混ぜることで摺動に耐久性を持たせる構造に変わってきています。
しかし、プラスティックが介在するためにワイパーと炭素皮膜の接触に音の変化をもたらすようになってしまっています。

これを解消できるのがアッテネーター(減衰器)です。
オーディオに使用されるアッテネーターはプロ用を含めると数種類の形式があります。 弊社では、リーズナブルなものから開発製造しておりますので音楽愛好家にはお勧めです。
シリーズ型と呼ばれるものは、固定抵抗を直列に接続したものでリーズナブル。 また、L-Pad型は抵抗器、スイッチは2倍必要となり高価なものになりますがどの位置でも常に抵抗器を通過することと、スイッチの接点の接触抵抗はボリュームに比べて非常に小さいので音楽のディテールが目の前現れ、心に深く染み入る鮮度の高い音質を得ることができます。


● 長期間に渡り高信頼、高安定な自社製ロータリー・スイッチを採用しました。
● 素子は自社製オーディオ用カーボン抵抗器AMRT を直列型で使用し、ハイ・コストパフォーマンスで「心地よい高音質」と「高精度の減衰カーブ」を実現しました。
● 小音領域でのステップ数が増え、ニーズの多いエリアのコントロールが容易になりました。
● ギャングエラーは±0.1dB と驚異的に抑えられ、小音量でも音量のふらつきがなくヘッドホンにも最適です。
● インピーダンスはSATLS(ステレオ)/ SATLM(モノラル)共に10kΩ/50kΩ/100kΩの3 種類があります。

インピーダンス:10kΩ, 50kΩ, 100kΩ(30kΩ受注生産)
方式:23接点2段2回路
定格電力:0.5W
最大使用電圧:350VDC
最大減衰量:-∞dB(ショート)

※通常ご注文を頂いてから1ヶ月前後で納品となりますので予めご了承下さい。納期の詳細につきましてはお電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

お客様の声

i-fuku様 投稿日:2016年04月01日
おすすめ度:
使用システム、SACDマランツSA8004、プリLUXCL-35II、パワー アーキュフェイズA30又はトライオードTRV-88SE、゜或はエレキットTU-8300(出力管は、プライム5←キット屋)です。SACDとプリ間にアッテネータとして使用。中域~高域の透明感と伸び、ピアノの音がとてもリアルで綺麗(綺麗に抜けます)に聞こえます。又、低域の伸び、張りもとても良いです。今までのアッテネータはアルプス製のディテントタイプ003B 10KΩAを使用していました。又CDソフトはEDDIE HIGGINS カルテット(ビーナスレコード)のSACDで聴いています。

商品検索


商品カテゴリ

限定セール

真空管[種類から探す]

真空管[メーカーから探す]

真空管アンプ

真空管アンプ作成パーツ

スピーカー

真空管がよくわかる本

新 忠篤 氏

神田淡路町店のブログ

発送休業日ご案内
  • 今日
  • 発送休業日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

twitter

近隣の店舗

アムトランスホーム

ページトップへ