お気軽にお電話ください:03-5294-0301
(平日・土曜9:30〜18:00)
 

お客様の声

出力管,真空管,Da
  • windy papa 様
  • 投稿日:2018年10月13日

現行使用しているプリアンプのリザーブ球として購入しました。真空管はオークションでも購入していますが、Gm値などコンディションがわからないものが多く、当たり外れがあるので困っていましたが、Amtransさんの場合はそうした懸念がないので、安心して購入できました。数時間の通電後、音出しをしましたが、左右特性の揃った素晴らしい音でした。現行球(Valvo)よりも少し力強さを感じるのはNOS管ならではのことでしょうか。たいへん満足しています。

ECC802SJJ_G_1
  • taniguchi 様
  • 投稿日:2018年10月10日

プリアンプ「TU-8500(エレキット)」をアムトランス/Verにするため、抵抗、コンデンサーも含めて組み立て時から使用しました。真空管は標準仕様が中国製で、音にはいやな「テカリ(2k~5khz)と硬さが有り、「ただ、鳴っている」感じで音像に奥行きを感じませんでしたが、御社「ECC802S GOLD JJ」はいやな「テカリ」もなく、低域、高域に繊細さと伸びがあり、音像の位置を感じさせてくれるものものでした。全体として聴き疲れしない音色に仕上がり、流石に「アムトランス/Ver」でした。

TU8600
  • ハリー伊東 様
  • 投稿日:2018年10月01日

初めてのKIT作成、当初部品の多さに驚きと不安がありましたが、メイン基板のシルク誤記以外は、大変良く出来た説明書とメカ精度で順調に組み上げる事が出来、初回ONで正常動作出来ました。

300BEH1
  • ハリー伊東 様
  • 投稿日:2018年10月01日

憧れの300B、初めての管で聴く聴き慣れた音楽。Good!!

8600R
  • ハリー伊東 様
  • 投稿日:2018年10月01日

(3)のR202(2.2K)がR201の誤記表示以外は、大変解かり易く組まれているキットです。

TU8600
  • w639toshi 様
  • 投稿日:2018年09月19日

初めての球菅アンプがTU-8600R、それもキット!
ハンダコテは30年以上手にしたことはない老眼+乱視なサラリーマン。温度調整機能付きコテとオーディオ用を意識した銀ハンダを片手に3連休の内2日を使いハンダ作業を何とか終わらせ連休明けの火曜日の21時過ぎからトランスなど筐体周りの最後の組み付け。再チェックを含め作業が終わったのが24時を過ぎ。全くの素人が2日+3時間で完成出来るキットの完成度に感謝。
で音は・・・出たのか!!
真空管はアムトランスさんサイトで好評だった300B JJ/ペア+ECC802S JJ2本+ECC803S Gold JJを選択。正直予算オーバーでしたが初のアンプで後悔はしたく無かったので奮発。あと知人が真空管アンプデビューを祝いカップリングコンデンサーを愉しめと海外製の銅箔オイルコンデンサーを譲ってくれたので初めから組み付け。*デカイ!!
午前零時、パワーON。Hi-Res DSD5.6M音源+DALIのRUBICON6を繋ぎ深夜なので小音量で視聴開始。結局明け方4時近くまで視聴してしまった。数時間後は会社なのに。いや〓DALIもアンプもエージング中なのに音楽性に大満足。
早めに退社し夕食もそこそこに少し大きな音量で歌唱力には提唱がある某歌手のFLACファイルなどお気に入りのファイルを再生。ボーカルに涙が出そうになってしまいました。
明らかに目のまで謳ってくれているのだから。
RUBICON6の透明感、奥行、広がりを遺憾無く出しているかのような心地よさ。
次の連休は各所の電圧をチェックしてみようと思います。本当に感謝です。
補足:老眼+乱視の自分は抵抗の色の区別がすぐにつか無いので丁寧に分類されている袋に初めに値を書き込みました。怪しいときはテスターで確認。これだけで数倍作業が早まりミスもゼロになったおもいます。

ECC82JJ_1
  • daruma jizo 様
  • 投稿日:2018年08月30日

エレキットさんのtu-8200で使わせていただいています。
tu-8200はアムトランスさんのCRグレードアップキットの他、自分なりに信号回路に影響しそうな部分のCRをオーディオ用と称するものに変えております。
加えてエレキットさんのDAC(PS-3249R)を組み込んで使用しています。
今回はプリ管をtu-8200付属の曙光製12AU7からJJのECC82に交換です。
パワー管はTung-Solの6L6G、Golden Dragonの350B、EHの6L6GCを取り換えながら比べてみました。
残念ながら、小生の耳ではプリ管の差はあまり区別ができませんでした。
あえて言うならば、JJの方に音の厚みが有るような気がするのと、心理的な安心感の差かと思います。
ソースのジャンルやアーティストを変えながら、これからも聞き込んでみたいと思います。

6L6Gtungsol1
  • daruma jizo 様
  • 投稿日:2018年08月30日

エレキットさんのtu-8200で使わせていただいています。
tu-8200はアムトランスさんのCRグレードアップキットの他に、自分なりに信号回路に影響しそうな部分のCRをオーディオ用と称するものに変えております。
加えてエレキットさんのDAC(PS-3249R)を組み込んで使用しています。
パワー管は今回購入のTung-Solの6L6Gの他に、tu-8200に付属しているEHの6L6GCと別購入したGolden Dragonの350Bを差し替えて楽しんでいます。
プリ管はtu-8200付属の曙光製12AU7を今回JJのECC82に交換です。
3種類のパワー管の中では今回購入のTung-Solの6L6Gが気に入りました。
音楽が通り過ぎて行かないというか、気持ちに入ってくるような感じです。(表現が難しいです。)
ちょっとお高かったですが購入して良かったと思います。
低音から高音まで全体に柔らかく、ダイナミックレンジが広い印象です。音量を1クリック、2クリック落としても音がやせないというか、なかなか聞かせてくれます。
(350Bと6L6GCは、我が家では少し音が大きすぎるかな位でないと持ち味が出て来ない気がします。)
350Bは力が有る中に一つ一つの音が鋭利と言うか締まった感じの印象で、EHの6L6GCは綺麗な音ですが、Tung-Solの6L6Gに比べると他の2種類は少しダイナミックレンジが狭いように思います。
Tung-Solの6L6Gはちょっと高めの鰹節と椎茸で取った香りの良い濃いめのお出汁。350Bは鰹出汁なのですが鯖節とかが入って濃い味付けに合いそうな感じ。EHの6L6GCはすっきりした昆布出汁とった感じかなと思っています。
(料理人とかではないので適切な味表現でなかったらご容赦下さい。)
今回のパワー管は全てメーカーが違うので、球の差なのかメーカーの差なのか私の知識では判別できません。
同じTung-Solの5881、6550、6L6GC STR、EL34、KT66とぜひ聴き比べてみたいと思います。
ちなみに、プリ管の差は小生の耳ではあまり区別ができませんでした。しいて言えばJJの方に音の厚みが有るような・・・・。
と、書いてはみましたが、先人の方々のコメント等で耳年増になっている事やプラシーボ効果も有り、小生の耳で聴き分けられているのか、疑問の点もあります。
これからも聞き込んでいきたいと思います。
今回はありがとうございました。

300B
  • もぐお 様
  • 投稿日:2018年08月17日

とにかく,復刻版とししては最高の製品です。
WE300Bと比較すると,倍音が少ないようですが,現行製品の中では,これしかないです。
最初は,線が細い感じですが,エージングが進むと低域もかなり伸びてきてますねぇ。とにかく最高の音が楽しめます。ちなみに,予備球として購入しました。
アンプは,サンオーディオのSV+300BEに差していますが・・・

5931
  • tubeboy 様
  • 投稿日:2018年08月03日

6L6GC以前の定格小さめの6L6系の音が好きで、シングルアンプで各国各様の球を差し換え楽しんでいます。
そんな中、Sylvaniaが一時期製造していた姿も音もゴツくて太い軍用高信頼管 5932があります。
コイツに似合う整流管といえば、コレでしょう。
勿論、高騰が続くST管タイプの5U4Gのバリエーションとしても、
一本持っていて損のない作りも音も大変良い整流管と思います。

オンラインショップ店長日記

バナー

アムトランスオンラインショップの店長日記です。平日は毎日新着情報の更新かブログ更新しますのでもしよろしければご愛読下さい。
店長日記はこちら >>

神田淡路町店のブログ


バナー

商品検索


商品カテゴリ

種類から探す

メーカーから探す

真空管アンプ

真空管アンプ作成パーツ

スピーカー

オーディオアクセサリー

真空管がよくわかる本

新 忠篤 氏

LP ・ CD

発送休業日ご案内
  • 今日
  • 発送休業日

発送は平日のみとなります。平日の12時までにご入金の確認がとれたものは当日発送となります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

twitter

Amtrans

ページトップへ